【東京ディズニーランド】2018年7月七夕のTDL体験記(2)

2018年7月の東京ディズニーランド体験記です。ディズニーランドは35周年のイベントと並行して、「ドナルドのHappy Birthday to Me」や七夕のイベントが実施されていました。

七夕のディズニーランド

東京ディズニーランドでは、毎年7月7日までの一定の期間、七夕のイベントが実施されています。35周年の2018年は、イースターイベントはなかったですが、七夕のイベントは健在でした。しかも6月上旬から1ヵ月と、期間が延長されていました。少し開催期間が伸びましたが、イベントの内容は極端な変化はありません。

願い事を笹に結ぶ

まずは、毎年実施されている、願い事のコーナーですね。水色のミッキーのカードに願い事を書いて、紐に括り付けます。ワールドバザール前の広場では、みなさんひっきりなしにカードを結んでいました。

  七夕のスーベニア

 七夕限定のスーベニアが飾られていました。

七夕の限定メニュー(レストラン北斎)

毎年、七夕に限定メニューを提供しているレストラン北斎です。

ちょっと注釈です。ディズニーリゾート内のレストランでは、いくつかの店舗でプライオリティー・シーティングをという優先案内制度が導入されています。一時期はプライオリティー・シーティングの予約が必須でしたが、最近は当日の順番待ちもOKになっています。でも、だいたい2時間待ちぐらいになりますので、現実的ではありません。

プライオリティー・シーティングの通常予約は1ヵ月前の朝10時からWeb上で行われますが、よっぽど素晴らしいネット環境でない限り、最初の15分ぐらいは公式サイトに繋がりません。繋がっても、途中で接続がダウンしてしまいます。みるみるうちに予約枠が無くなってしまい、普通は予約できません。厳しい言い方ですが、ネット環境を充実させた一部の方専用の予約制度です。

とはいえ、キャンセル拾いは可能ですので、しぶとく毎日Webサイトを確認していると、なんとか予約できることもあります(ときどきむなしくなることもありますが)。そうしてなんとか確保できた予約枠でのお食事です。レストラン内にいらっしゃる方は、プロの方か、根気強く頑張った方か、ディズニーホテル宿泊で優先予約された方ばかりですので、私を含めて普通の方はいらっしゃいませんね。

七夕膳以外にもメニューはあります。子供用にはお子様膳がありますので、そちらを選ぶ方が多いかと思います。

ちなみにお子様膳はこんな感じです。

うどんは暖かいものでした。デザートも付いています。

七夕膳の写真です。ローストビーフにかけられたわさびマヨネーズのわさびが強く、むせ返りそうになりました(まあ、つけすぎ私が悪いのですが)。アセロラ味のところてんは奇抜というわけではなく、(ふつうに?)おいしかったです。

私の配偶者さんはチラシ丼でした。ミッキーの形をしたマグロですね。想定範囲内のお味ですが、おいしかったです(欠かさず味見させていただいております)。

七夕限定のスーベニアのお箸はすでに完売していました。七夕膳を注文すると黄色の七夕カードがいただけました。

七夕グリーティング

 毎年実施されている、七夕のグリーティングパレードです。ミッキーの乗った車を引っ張っているおじさんは、毎年同じじゃないでしょうかね。ある意味有名人です。

 こちらはミニーの乙姫姿です。グリーティングですから、巨大な乗り物や機械は出てきません。

 おなじみのキャラクターたちです。みんな七夕のコスチュームですが、こっちを向いてくれていないので変な写真ばかりですね。

 そのほか、ディズニープリンセスたちもグリーティングしていました。あんまり七夕は関係なさそうですが。

 登場人物も乗り物も少ないグリーティングパレードなので、すぐに通り過ぎてしまいます。長い時間をかけて待つメリットは少ないと思います。

ミニまとめ

 今回はディズニーランドの七夕のイベント関連の様子でした。次回はディズニーランドの最近変わったところをアップさせていただきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする