【東京ディズニーシー】2018年5月イースターのTDS体験記(1)

2018年5月の東京ディズニーシー体験記です。なかなか関西から東京(千葉?)まで足を延ばすのは難しいですが、久しぶりに東京ディズニーリゾートに行くことができました。ランドとシーのどちらにするか迷いました。ディズニーランドは35周年の真っ最中ですが、このイベントはまだまだ1年間続くみたいですね。ディズニーシーのイースターイベントは今だけなので、ディズニーシーに行くことにしました。

天気は快晴、5月だというのに汗がにじみ出てきます。風も適度に吹いていたので、不快と言うわけではありませんでした。そんな日の様子です。

ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シーを鑑賞

今年は東京ディズニーランド35周年。ランドが35周年ということは、東京ディズニーリゾート全体が35周年です。つい最近、ディズニーシーの15周年をしたばかりのような気もしますが、35周年記念イベントはディズニーシーでも実施されています。

前回の30周年は「ハピネス」がテーマでしたが、今年は「ハピエスト」と最上級になりましたね。今後、これより上は無理になってしまうと思いますが、どうなんでしょうか。ということで、まずは35周年のショー「ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー」を見ることにしました。

ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーを舞台に、ミッキー達がお祝いの挨拶に来てくれます。このショーはすべての場所で立ち見なのですが、この後にある別のショーを待っている人たちが、座って場所取りをしています。次のショーまでは2時間以上待ち時間があるのですが、ほぼ座る席は一杯になっています。よく言われる「お地蔵さん」たちですね。せっかく来てショーを見れないと残念なので、こちらもお地蔵さんになります(そもそもお地蔵さんにならないとショーが見れないというのも問題がありそうですが)。

とりあえず、食料を補給に向かいます。お地蔵さんにもトイレぐらいは許可してくれますが、食べ物の購入はパブリックにはダメだと思われます。途中で、ドナルドを発見しました。そのまま、「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」に向かいます。

今回購入したのは、カスタードケーキ(ストロベリー&あずき)スーベニアケースつきです。ケースが欲しかったのが購入の理由ですね。電子レンジでも使えるそうですよ。まだ、使ってませんが。カスタードケーキのお味は、たぶんご想像の域は出てないと思います。

さて、地蔵になりました(笑)。ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シーだけを鑑賞するなら、後のショーで舞台となる前方の席で鑑賞できますが、後のショーのことも考えて後方の座り見席をキープです。で、ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シーが始まると、全員立ち上がって鑑賞になりました。

基本的にグリーティングのみといった位置づけですね。七夕や15周年のグリーティングショーとあまり差はないと思います(ミッキー達が乗る船もほぼ使いまわし)。まあ、想定内です。ミッキーやミニーだけでなく、ダッフィーやシェリーメイたちも手を振ってくれました。

ショーの開催時間は10分程度と短時間です。その後、再びお地蔵さんになります。以前は待ち時間がかなり苦になったものですが、最近スマホをいじっているとあっという間ですね。次のショーまでの2時間程度、ひたすら待ちました。

イースターのデコレーション

 

ちょっと時間軸が前後しますが、イースターの装いの様子をアップさせていただきます。まずはザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ脇の階段ですね。

 まるでお花畑ですね。35周年のミッキー像や、チップとデールのフォトスポットがあります。

次に、アメリカンウオーターフロントのフォトスポットです。カメラマンに撮影してもらえます。バージンロードみたいな華やかさですね。

車に乗って撮影できるフォトスポットもありました。傍らではシェリーメイがグリーティング中でした。

ミニまとめ

 今年は七夕のイベントが6月上旬から1ヵ月あるため、イースターイベントは早くも終わりそうです。見逃したくない方は早めにゴーですね。次回はイースターのショーを中心に報告させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする