【キッザニア甲子園】バウムクーヘンショップのお仕事(2017年閉鎖)

1.パビリオンデータ

パビリオン バウムクーヘンショップ
スポンサー ユーハイム
お仕事 バウムクーヘン職人
Job Baumkuchen Maker
所要時間 30分
定員 6名
公式推奨年齢 5歳~
身長制限 なし
人気度 S
写真撮影 あり
お土産 つくったバウムクーヘン 特製ケース入り
お給料 5キッゾ
キッザニアクラブ特典 リーダーのお仕事

 ※2017年10月21日をもってパビリオンが閉鎖されました。

 

2.概要

 バウムクーヘン職人の服装に着替え、バウムクーヘンをつくります。つくるバウムクーヘンはシンプルなもので、直径および高さは8cm程度です。Exciting Weekのイベントではチョコレート味のバウムクーヘンでした。

―サイズは普段と一緒ですが、色がチョコレートです―

 卵を泡立てて生地をつくり、金属の棒に生地をかけて棒状にし、オーブンにかけて焼いていきます。焼き上げの作業はほとんどズーパーバイザーさんがしますが、けっこう「熱い」みたいです。

―うちの子供は熱いのが嫌と言ってました―

 その後、人数分に切り分けて、砂糖の衣をハケで塗り付け、冷まして出来上がりです。ビニールのパックに入れて、特製のカードとともに特製ケースに入れられて、製品のようにして手渡されます。途中で少し試食もできるようです。

―子供たちは出来たてを試食できます―

作成の過程はガラス越しで見えますが、焼きの作業以外は少し奥になるため、写真撮影はてこずると思います。中で話している会話も全く聞こえません。

 バウムクーヘンはこどもたちの人気の高い食べ物です。お仕事の間のおやつに最適です。お仕事の内容はいくつかの工程があるため少し複雑ですが、小さな子供でもなんとかこなすことができると思います。

 

キッザニアクラブ特典 

 キッザニアクラブ会員が通常のお仕事を3回すると認定を受け、リーダーのお仕事ができます。リーダーは焼きの作業の時に、ズーパーバイザーさんといっしょに特別な工程に携われます。これがかなり熱いらしく、リーダーのお仕事を嫌がる子供も多いようです(うちの子供は嫌がってます)。リーダー希望しても定員数に変わりはありません。特別なお仕事カードがもらえ、お給料も上がります。

 

3.攻略

 キッザニア甲子園ですし屋とお菓子工場に次ぐ人気を誇っています。この3つの混雑度にほとんど差はありません。キッザニア東京にはないパビリオンのため、遠征組が多いと特に混雑します。土日祝の第1部の場合、8:50までにすべての予約が埋まってしまい受付終了になるケースがほとんどです。かろうじて予約できても、営業時間終了間際になってしまうと、その日1日のスケジュールが非常に大変になります。

 土日祝の第1部なら710分まで、第2部なら整理券Aまでに入場することがおすすめです。それ以上遅くなるようなら、いっそ諦めたほうが後々楽になります。

 隣のパビリオンが、同じく大人気のおすしなので、入場してすぐは非常に混みあいます。また、予約列に並び間違えないようにしましょう。予約列に並ぶと、整理券を渡されます。これがなくなると受付終了です。

 あまり混雑していない日は、予約列に早く並べてかつ9:30以降(2部の場合16:30以降)の予約枠を取れた場合、8:50(第2部の場合15:50)の解放後に、ソフトクリームショップや警察官といった人気パビリオンの第1回目のお仕事に飛び込むことが可能なときもあります。解放されるときに周囲の状況を確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする