【キッザニア甲子園】すし屋のお仕事

1.パビリオンデータ

パビリオン すし屋
スポンサー 和食のさと
お仕事 すし職人
Job Sushi Chef
所要時間 30分
定員 6名
公式推奨年齢 3歳~
身長制限 なし
人気度 S
写真撮影 あり
お土産 つくったすし すしの解説
お給料 5キッゾ
キッザニアクラブ特典 なし

2.概要

すし職人の服装に着替え、おすしをつくります。つくるおすしは季節によっていろいろで、握りずし、恵方巻、ちらしずしなどさまざまです。

ナイロンの手袋をするので手は汚れません。握りずしの場合、しゃりはすでに握ってくれているので、ネタを乗せるだけです。プラスチックの入れ物に詰めて、しょうゆやしょうがを入れて完成です。

作成の過程はガラス越しで見えますが、手前から奥に6人並ぶので、奥に配置されるときれいな写真は撮れないかもしれません。中で話している会話も全く聞こえません。

おすしがもらえますので、食事として最適です。こどもたちもおすしが好きな人が多いため大人気です。お仕事の内容は単純作業なので、小さな子供でも(手間取るかもしれませんが)こなすことができます。

キッザニアクラブ特典 なし

3.攻略

キッザニア甲子園で最も人気があるパビリオンと言っていいと思います。キッザニア東京にはないパビリオンのため、遠征組が多いとさらに混雑がひどくなります。土日祝の第1部の場合、8:50までにすべての予約が埋まってしまい受付終了になるケースがほとんどです。かろうじて予約できても、営業時間終了間際になってしまうと、その日1日のスケジュールが非常に大変になります。

土日祝の第1部なら7時10分まで、第2部なら整理券Aまでに入場することがおすすめです。それ以上遅くなるようなら、いっそ諦めたほうが後々楽になります。

入場してすぐは非常に混みあいます。また、予約列に並び間違えないようにしましょう。予約列に並ぶと、整理券を渡されます。これがなくなると受付終了です。

あまり混雑していない日は、予約列に早く並べてかつ9:30以降(第2部の場合16:30以降)の予約枠を取れた場合、8:50(第2部の場合15:50)の解放後に、ソフトクリームショップや警察官といった人気パビリオンの第1回目のお仕事に飛び込むことが可能なときもあります。解放されるときに周囲の状況を確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする